妊娠中の妊娠線いつからケアすれば?

妊娠線についてまずはいろいろと知っておきましょう!

妊娠中,妊娠線,いつから,ケア,クリーム,予防

妊娠線のケアの前にまずは妊娠線についていろいろ知っておきましょう。

 

ケアを効果的なものにするためにも
妊娠線が出来やすい人、どういうところに出来やすい?
そもそも、妊娠線の原因は?
妊娠線っていつくらいからできるの?

 

妊娠線について調べてみました。

 

妊娠線について知ったら次はケアの方法。
こちらもタダ保湿すれば良いというわけではないんです。
妊娠の原因を知っているとあれが必要?何て言うのもわかってきます。

 

それでは妊娠線についてまとめて行きますね!

 

こういう人が妊娠線が出来やすい!

妊娠線が出来やすい人。
自分が当てはまらないと良いなぁ
なんて思ってしまいますよね。

 

私だったら当てはまりたくない・・・。

 

でも、基本的に妊婦さんは妊娠線が出来やすいと思っておいて下さいね。

 

その中でも特に妊娠線が出来やすい人と言うと
皮下脂肪の厚い人
皮下脂肪が厚い人つまり、太っている人ですね。
妊娠線は皮膚が急に伸びて出来ることが多いんです。
伸びるときに皮下脂肪はなかなか急激な伸びに付いていけない。
伸びについて行けず皮下脂肪から裂けてします。
だから、皮下脂肪が厚い人は妊娠線になりやすいと言えるんです。

 

出産経験者
出産経験者の人も伸びやすい傾向になります。
すでに出産しているから肌が急に伸びるのに体がなれていそうなのに
ともうかもしれません。

 

出産を経験しているので肌は伸びやすくなりますが
初産よりも肌は伸びやすくなっています。
2度目の出産のときの方がお腹が大きくなりやすい。
そのため、妊娠線も起こしやすいんです。

 

乾燥肌
乾燥肌の人も妊娠線が出来やすいんです。
肌が乾燥していると肌が硬くなっており
伸びにくい肌は裂けやすく妊娠線が出来てしまいます。
また、妊娠中に分泌されるホルモンも肌を乾燥させやすい効果があるため
より妊娠線が出来やすくなってしまうそうです。

 

小柄な人
体が小さいとお腹が大きくなるときに妊娠線が出来やすくなってしまいます。
しっかりとしたケアを心懸けて下さいね。

 

 

妊娠線ができやすい場所とは?お腹だけじゃないんです

妊娠線ができやすい場所ってお腹?
お腹が大きくなるからお腹だけケアすれば良いかなと思ってしまいがち
でも、妊娠線が出来やすいのはお腹だけじゃないんです。

 

妊娠線ができやすい部位
お腹

お腹といっても下腹部から恥骨にかけてが一番出来やすい部分。
妊娠してお腹が大きくなると下腹部の方はなかなか見えにくいところになってしまいますよね。
そのため、ケアも雑になってしまうこともあります。
出産後、気がついたら下腹部に妊娠線が出来ていた!
何てこともよく聞く話です。

 

胸も妊娠して大きくなる部分ですよね。
赤ちゃんにお乳を与えるために乳腺が発達して胸が大きくなっていきます。
それが原因で胸に妊娠線が出来てしまうことがあるんです。
胸の下や横あたりは見えにくいので特に注意が必要ですよ。

 

おしり

妊娠をすると安心して赤ちゃんを産むために体が変化します。
下半身に脂肪が付いた体型になっていくんです。
これは赤ちゃんをしっかりと保護するためとか言われています。
お尻周りが急に太るため妊娠線が出来やすいんです。

 

太もも

お尻と同じ理由で妊娠すると下半身がどっしりとしてきます。
太もももお肉が増えるので妊娠線が出来やすい部分と言えますね。

 

 

妊娠線の原因

妊娠線本当に避けたいもの。
その妊娠線一体どうしてできるのでしょうか?

 

妊娠中に肌に筋が入ることを妊娠線といっていますが
実は妊娠線は肉割れやストレッチマークと同じなんです。

 

妊娠中に出来る肉割れ、ストレッチマークを妊娠線といって
妊娠中ではない時期に出来るものを肉割れと言っています。

 

ここでは妊娠中に出来る妊娠線の原因を主に扱っていきますね。

 

ホルモンバランスの変化

妊娠中に変化があるものと言ったらホルモンバランス。
いつものときとはやっぱり妊娠中は違ってきます。
女性ホルモンが多く分泌されるのですが
その中でも「コルチコステロイド」というホルモン。
この「コルチコステロイド」は肌のターンオーバーつまり新陳代謝を抑える働きがあるんです。
つまり肌を再生しにくくするんです。
古い肌は乾燥しやすく柔軟性をなくしています。
そのため妊娠線が出来やすくなってしまうのです。

 

急な肌の伸び

妊娠線が一番出来やすい理由が
妊娠中の急激な肌の伸び。
つまり、お腹が大きくなると言うことにあります。
急激にお腹が大きくなると肌がそれについて行けません。

 

もう少し詳しく説明すると
肌は3層構造になっています。

 

表皮、真皮、皮下脂肪です。

 

表皮は柔軟性があり伸びやすいのですが
真皮や皮下脂肪は柔軟性があまりなく伸びにくいんです。

 

お腹が急激に伸びると表皮は伸びるのですが
真皮や皮下脂肪は伸びきることが出来ず
裂けてしまいます。

 

それが表皮から筋のように見える、これが妊娠線なんです。

 

ホルモンバランスで肌の新陳代謝が進まないで
乾燥しやすく柔軟性をなくしている中に
急激にお腹が大きくなる

 

妊娠中は非常に妊娠線が出来やすい状況なんですね。

 

 

 

妊娠線は消える?消えないからしっかりケアが必要です

妊娠線は出来てしまうと消えません。
薄くすることが出来るくらいです。
ですから、なるべく作らない方が良いンですね。
だからしっかりとケアをして行きましょう!

妊娠線が出来はじめる時期は?

妊娠中,妊娠線,いつから,ケア,クリーム,予防

妊娠線が出来はじめるのは人それぞれ。
乾燥肌の人は妊娠初期から出来る可能性があります。

 

でも平均的にいってお腹が大きくなっていく
妊娠後期、8ヶ月から10ヶ月くらいが一番多いと言われています。

 

また、ずっと妊娠線が出来なかったけれど、臨月間近になったら
急に妊娠線が出来はじめたと言う人もいます。
臨月近くは胎児が急に大きくなりお腹も大きくなる時期なんです。

 

妊娠線予防ケアはいつからがいいの?

妊娠線予防のケアはいつからやったら良いんでしょうか?
お腹が大きくなったら?
それでは遅いんです

 

妊娠線のケアはお腹が大きくなる前から!

 

お腹が大きくなる前から妊娠線予防ケアをはじめましょう。
お腹が乾燥していると妊娠線が出来やすいので
乾燥させないように保湿をしっかりとすることが大切です。

 

 

基本は保湿!クリームでケア【レジストリル】配合がオススメです

保湿をするためには乳液やクリーム、オイルを使うのが便利です。
特に今は妊娠線予防用のクリームが人気になっています。

 

妊娠線予防で多いのが保湿さえすれば良いと思ってしますこと。
実は保湿も重要なんですが

 

妊娠線を作りにくい成分と言うものがあるんです。
コルチコステロイドの影響で肌の新陳代謝が落ちているところへ
新陳代謝を促す成分を与えて上げる。

 

特に真皮層のコラーゲンの新陳代謝をすすめて
伸びにくい真皮層に柔軟性を与えてくれる成分があるんです。

 

それがシラノール誘導体とレジストリル。

 

シラノール誘導体

シラノール誘導体はお肌の修復や再構築する力があるんです。
そしてしわ体炊くや細胞の本来持っている力を蘇らせてくれます。
かゆみの和らげてくれる働きもあります。

 

レジストリル

真皮層のコラーゲンの新陳代謝を促してくれる成分。
フランスでは2005年から国の方針で
妊婦さんには妊娠線予防のためにレジストリル配合のクリームを渡しているそうです。

 

レジストリルには出来てしまった妊娠線にも効果があると言うことで
妊娠線が出来てしまった人も使っているひとが多いそうです。

 

妊娠線予防ケアのオススメクリーム
シラノール誘導体とレジストリル両方配合されているものは
プレマーム
定期購入がお勧めです。
⇒プレマームの効果、他の商品との比較について詳しくはこちら

 

 

マッサージは必要あるの?安定期まではマッサージはしないで!

妊娠線予防のためにマッサージは必要あるの?
肌の柔軟性を保つためにマッサージはした方が良いのですが
一つ注意していただきたいのは
マッサージは安定期までしないで下さいね

 

安定期に入ってからマッサージをするようにして下さい。
マッサージ方法は簡単です

 

お腹をなでるようにしたから上へなでて上げます。
またお腹の両サイドも円を描く感じでなでて上げましょう。

 

太ももやお尻
太ももは内側から外側へとなでるようにして行きましょう
お尻も太ももの付け根のあたりから上へとなでるようにマッサージを行って下さい。

 

力は込めず、手にクリームを塗って滑りやすいようにしてマッサージを行って下さいね。

 

安定期以降は適度な運動はOK

体重が急激に増えると皮下脂肪が多くなってしまい
肉割れになりやすくなります。
そのため適度な運動は必要です。

 

軽いウォーキングをすると良いそうです。
またマタニティヨガなどもオススメですね。
大切な時期ですから体重を増やさないように
食事を少なめとかは止めましょう。
食事はしっかりととって、野菜、お肉などバランス良く摂って下さいね。
そして急激な体重増加をしないために適度に動きましょう

 

 

お腹が大きくなったら妊娠線は腹帯やガードルで予防しよう!

お腹が大きくなると重さで皮膚に負担をかけると言うことになります。
腹帯やガードルを着けることでお腹の皮膚に負担をかけにくくなります。

 

もちろんマタニティ用の腹帯やガードルを選ぶようにして下さいね。

 

どちらが良いかと言うとそれはあなたに合ったものを探してみるといいでしょう。

 

腹帯(普段つけるならこちら)

腹帯は着け心地がやさしいのが特徴です。
伸びやすい記事で出来ていてお腹をやさしく包み込んでくれます。
保湿効果もありますので妊娠線予防に良いですね。

 

ガードル(働いている、結構動くことが多い場合はこちら)

ガードルは腹帯よりももっとしっかりとお腹を支えてくれます。
お仕事をしたり多く動くことがある場合はガードルがオススメです。

もし妊娠線が出来てしまったら

妊娠中,妊娠線,いつから,ケア,クリーム,予防

いろいろと妊娠線が出来ないようにしたのに
残念ながら妊娠線が出来てしまった・・・
でも、そういうときは妊娠線を薄くすることが出来ます。

 

美容整形外科や皮膚科に行くと
レーザー治療や炭酸メソと言う二酸化炭素を使った妊娠線ケアの施術があります。

 

出来てしまっても諦めないでしっかりとケアをして行きましょう!

 

⇒出来てしまった妊娠線のケア詳しくはこちら

妊娠中に出来る妊娠線いつからケアすれば良いののまとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠線は妊娠初期からケアをした方がいいと言うこと
そして、妊娠線を予防するには
お肌の保湿に加えてシラノール誘導体やレジストリルが配合されたクリームでのケアが
非常に良いということでした。

 

ぜひ妊娠線ケアに取り入れてみて下さいね。

page top