妊娠線が太ももに出来る原因

妊娠線は太ももにも出来てしまいます

妊娠線,太もも,原因予,防治療法

妊娠線と聞くと太ももにできるの?
と思ってしまうかもしれません。

 

妊娠線=お腹に出来やすい
そういうイメージですよね。

 

お腹が大きくなっていくにつれ
妊娠線も出来てしまう。

 

でも、実は太ももにも妊娠線は出来やすいんです。

 

妊娠線ができやすい場所
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 二の腕

 

実際には妊娠線は体のいろいろなところに出来てしまいます。

 

お腹は注意して妊娠線が出来ないようにケアをする人が多いのですが
太ももやお尻など目に見えにくいところは
ケアが行き届かないで
知らない間に妊娠線が出来ていた何てことが良くあります。

 

子供とプールへ行ったときに
一緒に行ったママ友にお尻に妊娠線があること見つけられて
はじめて知ったと言う人もいるくらいなんです。

 

妊娠線、やっぱり嫌です。
出来てしまうと治そうと思ってもなかなか治るものでもありません。

 

ここでは、妊娠線が出来る原因
どうして太ももに妊娠線ができるのか
そして、妊娠線の予防法と万が一出来てしまった場合どうすれば良いのか

 

調べてまとめてみました。

 

ぜひあなたの参考になってもらえれば幸いです

 

 

妊娠線はどうするとできるの?

妊娠線が出来る原因をまずはチェックしておきましょう。

 

肌の上にうっすらと現れる筋
これは実は真皮層が裂けてしまったことで出来てしまうのです。

 

肌は3層構造になっています
上から順に表皮、真皮、皮下脂肪

 

表皮は私たちが肌といっている部分です。
その表皮の下にあるのが真皮でコラーゲンが主な成分です。
お肌の潤いやしわなどは真皮部分の肌の保水、そしてコラーゲンのハリに関わりがあります。

 

最後に皮下脂肪。

 

表皮は非常に伸びやすく柔軟性があります
その逆で真皮と皮下脂肪は伸びにくく柔軟性に乏しいんです。

 

妊娠をするとお腹が急に大きくなったり
体がふっくらとしてきます(脂肪が付いてくる)

 

急激に体が変化するとそれに合わせて肌も伸びなければなりません。

 

表皮はすぐに伸びることができるのですが

 

真皮は伸びることが難しく
強引に伸ばされて裂けてしまうのです。

 

これが妊娠線の原因です。

 

お腹が大きくなる、急に太ることで
真皮層が断裂する

 

でも、そう聞くと断裂した部分は修復されないの?
と思うかもしれませんね。

 

表皮の新陳代謝はおよそ28日。
つまり、28日で新しい細胞になって行きます

 

しかし、真皮の新陳代謝は・・・
じつは6年ほどかかってしまうのです。

 

時間がかかるので筋が残ったままになってしまうんです。

 

出来てしまった妊娠線がなかなか治りにくいというのは
この真皮層の新陳代謝に原因があったんですね。

 

治りにくいのですから妊娠線が出来ないように気をつけなければ行けません。

妊娠線が太ももに出来る原因は3つ

 

妊娠線が太ももに出来る原因はなんでしょう。

 

お腹は胎児が成長すると大きくなるのはわかります。
だからお腹の妊娠線対策は必要というのも

 

太ももはそんなに大きくならないでしょ?

 

太ももの妊娠線の原因は2つあります
1、太ももに脂肪が付いて太っている
2、肌の乾燥
3、歩き方の問題

 

太ももは脂肪が付きやすい部分

実は太ももは妊娠中非常に太りやすい部分なんです。
お腹が大きくなるとそれを支えるために太ももやお尻などの下半身にも脂肪が付くようになります。

 

特に普段から細い方は妊娠すると余計に脂肪が付きやすくなり
急に太ももが太くなるので妊娠線が出来やすいんですね。

 

太ももの肌は乾燥しやすい

肌の乾燥は非常に厄介。
乾燥した肌は多くの肌トラブルを引き起こします。
シミやしわの原因にも乾燥肌は関係しますよね。

 

妊娠線にも乾燥した肌は関係しているんです。

 

乾燥すると
肌は硬くなります。

 

つまり、急な体型の変化に合わせることが出来なくなるんです。

 

だから、常に肌を潤わせる必要があります。

 

冬になると太ももがかゆくなることありませんか?
それ、太ももが乾燥している証拠です。

 

あなたがもしそういう体質であったら
感想が原因で太ももに妊娠線が出来やすくなると思っていてもいいでしょう。

 

 

太ももに力のかかる歩き方に問題

歩き方の問題もあります。
妊娠線は肉割れと同じ。
皮膚に無理な力が加わると真皮が裂けてしまうことがあります。

 

スポーツをしている人が気がついたら肉割れを起こしていたなんていう人いませんでしたか?
特に中学や高校生のときのぶかつどうまっさかりのとき
膝やスネあたりに肉割れが出来てしまっている。

 

歩き方で「浮き指」で歩いている人は体の重心を足全体で受けていなく
余計な力を太ももで受けてしまっている状態になります
太ももに非常に負担をかけているんですね。

 

それが原因で太ももに妊娠線が出来てしまうことがあるんです。

 

歩き方にも注意して下さいね。
親指を意識して歩くだけでも違ってきます。

太ももに妊娠線を作らないための予防法

妊娠線,太もも,原因予,防治療法

太ももに妊娠線を作らないためには何をしたら良いのでしょうか?

 

重要なのは肌の柔軟線を高めておくこと
そして、急激な体型変化を緩やかにするために太りすぎに注意する
もちろん体を作るのは食べ物ですから食事もバランスをとっていきたいところですね。

 

 

しっかりと保湿する妊娠線予防には妊娠線クリームがオススメ

妊娠線を予防するにはまずは妊娠線クリームを使っての保湿が重要になってきます。

 

妊娠線用のクリームを使わないと行けないの?
ニベアの青缶とかでも良いんじゃないの?

 

もちろん、ニベアの青缶は500円から600円くらいで買えるので
非常にコストパフォーマンスのいい保湿クリームです。

 

あまりお金をかけたくないというのであれば
ニベアでもいいと思います。

 

でも、妊娠線クリームにはニベアには配合されていない
妊娠線を作りにくくするための成分や
出来てしまった妊娠線をケアする成分も入っているため

 

予防のときから妊娠線クリームを使っておくのがオススメです。

 

太ももは乾燥し安い部分でもあります。
しっかりとクリームを塗ってあげて下さいね。

 

効果的なのはお風呂上がりに
贅沢にクリームを塗るのがおすすめです。

 

 

プレマームはお値段と成分でとてもオススメ

妊娠線,太もも,原因予,防治療法

プレマームは妊娠中の妊娠線予防だけではなく
出来てしまった妊娠線にも効果のある「レジストリル」という成分が配合されています。

 

もちろん天然由来の成分を使っていて
胎児に影響のある成分は一切配合されていないので安心です。
爽やかな柑橘系の香りも爽やかなのでアロマの効果もあります。

 

プレマーム 妊娠線,太もも,原因予,防治療法
定価 6,800円
定期購入

初回 1,800円
2回目以降 5,440円

 

妊娠線用のクリームとしてはお値段は普通位なのですが
なんと言っても「レジストリル」という出来てしまった妊娠線に効果のある成分が配合されているので
非常にオススメです。

 

しっかりとした保湿が行えるノコア

妊娠線,太もも,原因予,防治療法

ノコアも非常に人気のある妊娠線クリームになります。
ノコアの特徴はクリームとオイルをセットで使うというところ。

 

まずはオイルでしっかりと保湿をしてそのあとにクリームでのケアとなります。
肌の保湿にはオイルが一番。
その次がクリームなんです。

 

肌の潤いを逃さない、潤いをしっかりとキープしたいならノコア。
オーガニック製法で肌へも非常にやさしく出来ています。

 

ノコア 妊娠線,太もも,原因予,防治療法
定価 12,960円
定期購入 無し

 

ノコアはお値段だけをみてしまうとちょっとビックリしてしまいますが
これはクリームとオイルのセットの販売価格なんです。
1本あたりのお値段は6,480円程度なので
普通の妊娠線クリームとあまり変わりません。
しっかりと肌を潤わせたいという方には非常にオススメの妊娠線クリームとオイルのセットになります。

 

 

 

安定期に入ったら運動も!妊娠線予防になります

急激に太るのは妊娠線を作る原因になってしまいます

 

お腹に大切な赤ちゃんがいるので
ダイエットをしようなんて考える人はいないと思います。

 

でも、多少の運動は体に良いものです。
体を動かすことで柔軟性も養えますし。
新陳代謝も活発になります。

 

気をつけて欲しいのは
運動は安定期に入ってから。

 

安定期に入ったら軽くウォーキングするのがいいでしょう。
もしくはマタニティーヨガなどに通ってみるのも良いのではないでしょうか?

 

無理をせずに適度に体を動かして下さいね

 

 

バランスの良い食事で体重管理

体を作るのはあなたが食べたもの。
しっかりと栄養バランスをとって食べましょう。
特にこの栄養分を摂るとかではなく
まんべんなくでかまいません。

 

朝昼晩ときちんと3食とること
お肉にお魚、大豆製品など
タンパク質になるものや

 

緑黄色野菜
鉄分の多いほうれん草

 

体のエネルギーとなる
炭水化物
パンよりお米の方がオススメです。

もし出来てしまったら医療機関がオススメです

どんなに気をつけていても出来てしまうのが
妊娠線です。
どのようなケアにも絶対妊娠線が出来ないという保証はありません。

 

もし、妊娠線が出来てしまったらどうすれば良いのでしょうか?

 

妊娠線を消すためには基本的には医療機関へ通う必要があります。
妊娠線用のクリーム等は日常のケアとして使うようにしましょう。

 

レーザー治療【フラクショナルCo2レーザー】

妊娠線治療で一番受けやすいのがレーザー治療になります。
レーザーを肌に打ち肌に刺激を与えて真皮部分の新陳代謝を促す方法です。

 

主にレーザー治療で使われるのは
フラクショナルCo2レーザーやフラクショナルレーザーが使われます。

 

フラクショナルCo2レーザーは細い針が何本も生えているものを肌に刺し
レーザーを打ち込むと言う方法です。

 

一見聞くと痛そうですが(特にハリを刺すという所)
ハリは極細い針でそれほどいたくはありません。

 

肌に目に見えない細かい穴をあけてレーザーを真皮部分まで届かせる方法になります。
医院によってはそのあとにFGF因子という肌の新陳代謝を促す成分が配合された美容液をつけ
肌の奥に浸透させることにより妊娠線をケアして行きます

 

問題はダウンタイムがあると言うこと
ダウンタイムとは施術を受けた後一定時間肌が赤くなったりすることです。

 

レーザー治療を受けた後は1日くらい赤くなってしまいます

 

料金は病院や施術する範囲にもよりますが
1回 2万円から6万円程度になります。

 

1回で治療は終了ではなく平均6回ほど通う必要があります。
そうなりますと治療にかかるお金は10万円から30万円程度はかかります。

 

炭酸を肌へ注入!新陳代謝を活性化【炭酸メソ】

肌の細胞を再生させるために新陳代謝を促す方法として
炭酸を肌に注入する方法があります。

 

炭酸ガスを注入する方法を炭酸メソと言います。

 

注射で肌の真皮層に炭酸ガスを注入します。

 

そうすることで肌に刺激を与えて真皮層のコラーゲンの新陳代謝が促されるそうです。

 

炭酸を打ち込むなんてと思うかもしれませんが
痛みは本当にチクりとする程度

 

肌に炭酸を打ち込まれた後しばらくは肌がぷくっと膨れますが
すぐに肌に炭酸が吸収され元に戻ります。

 

ダウンタイムはありません

 

治療費はコチラも結構高額になってしまいます
手に平くらいの範囲で3万円程度かかります。

 

施術は数回受ける必要がありますので
こちらも治るまで10万から30万程度かかると思っておいた方が良いでしょう。

 

 

出来てしまった妊娠線をケアする方法をまとめています
料金やダウンタイムなども表になっていますので参考にして下さい
⇒出来てしまった妊娠線をケアする方法詳しくはコチラ

 

 

日常のケアは妊娠線クリームで

医療機関へ通って妊娠線治療を受けているときでも
日常のケアはしっかりとしておきましょう。

 

医療機関で妊娠線が治ったと思ったら
別の場所にできていた何て話を聞いたことがあります。

 

これは妊娠線と言うより肉割れ。
妊娠中にできるのが妊娠線と呼ばれていて
普段の生活でできるのが肉割れと言われています
どちらも外国ではストレッチマークと言われています。

 

妊娠中ではなくてもストレッチマークは出来てしまいます。
だから妊娠線治療中もしっかりと肉割れ対策として

 

お肌のケアは怠らないようにして行きましょうね。
先ほど紹介した妊娠線クリームを普段も使う人は結構多いんです。

 

しっかりとケアをして妊娠線、肉割れを作らないようにしましょうね。

妊娠線が太ももに出来る原因のまとめ

妊娠線が太ももに出来る原因いかがでしたでしょうか?

 

妊娠中は妊娠線に気をつけている人は多いのですが
目の行き届かない太ももは忘れがち。

 

しっかりと意識的に太ももにもケアしましょう。

 

もし、出来てしまったら医療機関も考えて見て下さい
料金がというのであればプレマームは出来てしまった妊娠線にも効果があるのでぜひオススメですよ。

 

運動や食事も気をつけて
元気な赤ちゃんを産んで

 

妊娠線のないキレイなお母さんを目指して下さいね。

 

 

肉割れ・妊娠線の治療法

自宅でケアするのには肉割れ・妊娠線ケアクリームがおオススメ

一番のオススメは「プレマーム」です。
プレマームには先ほど述べた「レジストリル」が配合されています。
また、レジストリルだけではなく、保湿や潤いを保つ成分も配合されているので
肌をすべすべにしながら肉割れ・妊娠線をケアすることができるのです。
プレマームは肉割れや妊娠線に本当に効果があるの?
⇒プレマームの効果について詳しくはこちらから

page top