肉割れ・妊娠線の治療法

12932

↑↑      ↑↑

妊娠線肉割れをなくすならプレマームがオススメです

お得に買える公式サイトはこちら

肉割れの治療法の種類

肉割れ,妊娠線,治療法

作りたくなかった肉割れ、妊娠線をなんとかなくしたい!
肉割れや妊娠線があると
温泉に行くときに見栄えが悪い
彼氏に見せられない
旦那に肉割れのことを言われる

 

なんとか肉割れや妊娠線を治療したいのに一体何をすれば良いのかわからない

 

肉割れや妊娠線の治療には
医療機関で受けるものと自宅でできるものとがあります。

 

まずは医療機関でできるのは
レーザー治療とガス治療

 

自宅でできるものは
肉割れ・妊娠線のクリームを塗ること。

 

これからそれぞれの特徴をご紹介して行きますね。
あなたの肉割れや妊娠線を直していく方法を見つけて下さいね。

レーザー治療をする

レーザー治療は肌に医療用のレーザーを当てて肉割れや妊娠線を治療する方法です。
レーザーを当てることにより肌の再生能力に働きかけて肌を新しい皮膚に入れ替えていきます。
肉割れ、妊娠線の原因は真皮層の断裂。レーザーを当てることによって肌の新陳代謝を促進させて真皮層の断裂されたコラーゲンなどを復活させる方法になります。

 

メリット
効果が出るまでの期間が短い。

レーザーでの治療は他の治療法よりも短期間で効果が出ることが期待できます。
真皮層のコラーゲンを生成していくのでターンオーバーの期間28日から年齢によっては60日くらいで目立たなくなることが多いです。

 

医師に相談できるので安心

医療機関の一番の良い所はきちんとした医師に相談できると言うこと。
もし治療中に万が一何かがあったらすぐに医師に尋ねることができますよね。

 

レーザー治療器によっては美肌効果も期待できる

レーザー治療器は肌のターンオーバーを促してくれます。
そのため肌の新陳代謝を促し古い肌が剥がれ、新しい肌が生まれて綺麗な肌になっていくことが期待できるのです。

 

 

 

デメリット
医療用のレーザー治療はお値段がかかる

1回の施術で2〜3万程度かかることも場合によっては20万円かかることもあります。
照射する回数やレーザー治療器の種類により値段は変わりますのでクリニックでどのくらいの料金になるのかを確認して下さいね。

 

火傷の可能性がある

医療用のレーザー治療は火傷を伴う恐れがあります。
効果が高い治療器はそれだけレーザーの出力も高く、肌が焼けてしまう恐れも。
医療機関での施術ですので火傷の際はきちんとたいしょしてくれますが、やはり少し怖いところはあります。

ガス治療

炭酸ガスは海外の医療機関で10年以上の治療実績があり、副作用もほぼないという治療法です。
炭酸ガスを肉割れ、妊娠線ができた部分に挿入し血流を良くします。
血流が良くなったため真皮層の新陳代謝が早まり、割れたコラーゲンも新陳代謝で新しくなり正常な真皮層が作られます。
受けるためには美容外科などに通う必要があります。

 

メリット
レーザー治療よりも効果が高いと言われています
医師に相談できる

 

デメリット
料金が少し高い

料金は医療機関によって違ってきますが手のひら代の肉割れや妊娠線の治療には3万5000円程度の料金がかかります。これは1回の値段です。肉割れや妊娠線を完全に治療するには複数回通う必要があります。
だいたい5〜6回必要です。
6回受けたとすると21万円かかることになります。

 

ハリを使ってガスを肌に挿入するので少し痛い

ガスを注入する方法はハリ。細い針とは言え肌に刺すので
やっぱり痛いということですね。
注射の針が苦手というかたはあまりオススメできない治療法かもしれません。

クリームでケアする

肉割れ・妊娠線のケア用クリームを使う方法があります。
肉割れクリームは成分が重要です。
普通の肉割れ・妊娠線予防用のクリームだと
できてしまった肉割れや妊娠線のケアはできません。

 

クリームの成分にレジストリルが配合されている必要があります。
レジストリルは真皮層のコラーゲンを増やすのを助けてくれます。

 

メリット
料金が安い

レジストリルが配合されている妊娠線・肉割れクリームは6,000円程度
6ヶ月使っても36,000円程度です。
医療機関に通うよりも圧倒的に安くケアをすることができます。

 

自宅でケアができる

肉割れ・妊娠線のクリームでのケアは自宅でできます。
忙しくて医療機関へ通えない、妊娠線の方は子供が小さいとなかなか子連れでの通院は大変です。お仕事をされている方は時間を見つけるのが大変です。
自宅でケアできるのであればそちらの方が良いですよね。

 

デメリット
医療機関の治療に比べると時間がかかる。

医療機関の強制的に肌のターンオーバーを促す方法とは違い、レジストリルの効果でじわじわと効果が現れてきてます。そのため医療機関よりも時間がかかります。

 

クリームの成分により効果が違う

どの肉割れケア用のクリームを使うのかによって
成分の配合量が違うため効果のでかたが違ってくる可能性があります。
特にレジストリルが配合されているかいないかは大きな違いになりますので注意して下さい。

オススメのクリームはプレマーム

オススメの肉割れ・妊娠線ケアクリームは
「プレマーム」です。

肉割れ,妊娠線,治療法

プレマームには先ほど述べた「レジストリル」が配合されています。
また、レジストリルだけではなく、保湿や潤いを保つ成分も配合されているので
肌をすべすべにしながら肉割れ・妊娠線をケアすることができるのです。

 

プレマームを使っている人の口コミ

プレマームを使っています。
気に入っているのは無添加、低刺激と言うところ。
敏感肌の私は肌にやさしいかどうかが気になってしまいます。
妊娠中、注意していたのに妊娠線ができてしまいどうしようと思ってプレマームを使い始めたら次第に妊娠線も目立たなくなっていました。
ヒアルロン酸やセラミドも贅沢に配合されているのでお肌もスベスベになって気に入っています。妊娠線のケアが終わった後も使い続けたい商品ですね。

 

お腹が大きくなって妊娠線のケアにプレマームを使い始めました。
朝晩に妊娠線ができそうなところに塗っています。
お腹やお尻、脚ですね。
毎回2度塗り。1回よりも2回塗った方が効果が高いようです。
香りは柑橘系の香りでスッキリする感じです、強い香りではないので
私は気に入っています。
やっぱり、強烈な匂いはちょっと避けたいですからね。
今のところ妊娠線はできていません。

 

太ってしまい肉割れができてしまったのでプレマームを使い始めました。
最初は赤い肉割れで大丈夫かなと思っていましたが実際に使ってみてだんだん赤い肉割れが白くなって、そのあと残らなくなって行きました。
時間はかかりましたが肉割れは目立たなくなったので良かったです。

 

中学生の頃、急な成長で膝のあたりに白い筋ができてしましました。
結構目立つので脚を出すのが嫌で普段はズボンをはくようにしていました。
でも、最近白い筋は肉割れと言って治療することもできる事を知りました。
プレマームを知ったのもこのときでした。
最初は効果が出るのか半信半疑。でも、使っていくと肌はキレイになって行くし、肉割れも目立たなくなって行きました。
クリームはのびが良いので少量でも広い範囲に使うことができます。

肉割れの治療法のまとめ

肉割れ、妊娠線の治療法のいかがでしたか?
治療することはできても20万円かかったり、
クリームを使うときにもレジストリルが配合しているものでないと効果が出ない。

 

私のオススメはクリームでのケアですね。
クリームのケアはお値段もそれほどかからず、自宅でできる。
自分のペースでケアができます。

 

ぜひあなたに合った肉割れ・妊娠線のケアを始めてみて下さいね。

page top